飯尾整形外科クリニック

神戸市灘区の整形外科,外科,リハビリテーション科 飯尾整形外科クリニック

〒657-0067 兵庫県神戸市灘区篠原本町1丁目7-19
アーバンヴィレッジ篠原本町1F

お電話でのお問い合わせはこちら 078-881-9300
骨粗鬆症について
当クリニックで行っている骨粗鬆症の検査と治療
スタッフ募集

※QRコード
一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

HOME»  骨粗鬆症について

骨粗鬆症について

骨粗鬆症は高齢者の骨折の大きな要因の一つとされています。
ただし、骨粗鬆症は高齢者だけに見られる特別な病気ではありません。


最近では、
○遺伝的体質
○成長期の偏食や極端なダイエット
○喫煙や過度の飲酒
○運動不足
○甲状腺などの内分泌疾患
○ステロイド剤・ホルモン剤の服用
なども「女性の骨密度」に影響すると言われています。


特に女性は「閉経後」の50歳前後から急激に骨密度が低下し始めます。
骨粗鬆症は多くの場合、症状がありませんので、知らないうちに骨密度の低下が進み、いつの間にか骨折を起こしてしまっているケースも少なからずあります。閉経後の女性に腰痛が頑固に続く場合には骨粗鬆症にも注意が必要です。




  超高齢社会を前に我が国では骨粗鬆症患者は約1300万人いると推計されていて、そのうち治療をうけているのはわずか20%前後に過ぎないと言われています。
骨粗鬆症は適切な治療の機会を失ってしまうと、さまざまな骨折を生じるようになり、骨折の後遺障害により寝たきりを含めた生活の質(Quality of life)の低下を起こす大きな要因となり得ます。
そうなると、ご家族にもさまざまな形での負担が生じることになってしまいます。

整形外科医として数多くの骨折の診断・治療にかかわってきた経験から申しますと、閉経後の女性には想像以上に骨折がたくさん生じるのは明らかな事実ですし、手術を必要とした骨粗鬆症の患者様の骨のもろさに直接触れる度に、「これはただ事ではない」と感じることが多々ありました。

このような経験を踏まえ、当クリニックでは
骨粗鬆症の早期発見・診断・早期治療につとめており
骨折する前からの治療をお勧めしております。